じゃばらの花粉症への効果

花粉症に効果のある成分とは

じゃばらの成分の中でも花粉症に効果の高いものって
何か知っていますか?

 

多分知らないという方も多いと思いますので紹介させていただきますね。

 

 

ナルチリンという成分が花粉症やその他のアレルギーの緩和に効果がある
言われています。

 

そのナルチリン、実はスギ花粉症の方に効果があると言われています。
そのため毎年辛いと感じている人には薬ではなくサプリメントとして摂取することで
副作用などの心配もなく安心して症状を緩くすることが可能になったんです。

 

 

その成分が多く含まれているのがじゃばらなのですが、
どのくらい含まれているかと言うと・・・

 

 

1個あたり882.2mgという量なんです。

 

どのくらいなの?
 

 

これは他のかんきつ類と比較すると、なんと7倍も含まれているんです。

 

 

単純に冬の風物詩、みかんを7個食べないといけないものがたった1個食べるだけでOK
と言う事になります。

 

ちなみにですが、このじゃばら、実は和歌山県のある地域でしか作られていないため
生のものはほとんど出回っていないんです。

 

 

 

それに、すごく成分に優れているからなのか果実自体の味は
苦味と酸味が強く、そのままではあまり食べられたものではありません。
(1度食べた私個人の感想です)

 

 

そんな7倍量も含まれているので花粉症改善に期待ができます。

 

 

 

それに薬ではないので、体に悪い影響は出ることもありません。

 

そのままのジュースなども甘味料などが入ってカロリーが気になる人もいますので、
サプリメントとして摂取するのがおすすめです。

 

健康管理としても余分なカロリー摂取にならないので、
長く続けるのならそういった部分も気になりますよね。

 

副作用の心配がなく安心して飲めるじゃばらサプリは公式ホームページで購入することができます。
成分は箱に記載されているので、気になる方は購入する前にチェックしてみるといいですね。