じゃばらの花粉症への効果

花粉症ってどんな症状?

世間では花粉症は国民病としても
発症している人が多く毎年頭を悩ませる原因にもなっていますよね。

 

でも、花粉症って実際にどんな病気なのか知っていますか?

 

 

花粉症とは

 

季節性のアレルギー反応

 

と言う事です。
通年起きる症状は通年性と呼ばれ、一定の季節のみに
起こるものが季節性よ言われています。

 

その季節性こそが花粉によるものが割合が大きいために
花粉症と言われています。

 

 

花粉症の原因となる花粉

 

 

 

大部分はスギによるものと言われますが
ハンノキ、ヒノキ、シラカバ、イネ、ブタクサ
ヨモギ、カナムグラ

 

が代表的な花粉症の例です。

 

ただ一つ注意してほしいのは

 

 

花粉症はどんな花粉でも起こる可能性がある

 

 

ということ。
人によっては様々な花粉に対して反応してしまい、
1年中花粉と闘っている人もいます。

 

 

 

 

花粉症の症状が重い場合、
生のトマトを食べるとアレルギー症状が起きることがあります。

 

これは成分に関係していると言われているんですが
実際に起きていることとして知られていますので、
生のトマトは避けたほうが良いかもしれません。

 

 

 

症状

 

 

くしゃみ、鼻水、目のかゆみ

 

 

これが一番多いですが、
風邪のような症状が起きることもあるので
人によってさまざま。

 

 

現代の医療では治すことが出来ません

 

そのため、一時的に反応を抑える
抗ヒスタミン薬などを服用することがほとんどです。

 

今は免疫をつけるという治療法もあるので、
今よりも軽くできることもあるんだとか。

 

 

 

天然成分で花粉症の緩和

 

これは化学的にも証明された天然のスーパーフラボノイド
摂取することで緩和ができるというもの。

 

そのフラボノイドは「じゃばら」です。

 

和歌山県北山村という一部の地域で生産されている
かんきつ類なのですが、これがてきめんに効果有と言われています。

 

じゃばらで花粉症に効果があった。

 

こういった口コミも見られているので、
毎年辛いと感じている人には一度試してみて欲しいですね。

 

じゃばらの効果で花粉症に負けない体を作りませんか?

 

まだ試したことが無い方、サプリメントで一度飲んでみてください。
今年は辛くない!と思うはずですよ。